パソコン修理を高額な費用にさせないサイト


パソコン修理を高額な費用にさせないサイト
お得なニュース

パソコンパーツ保険の話
少しの掛け金でユーザーの過失でも「無償修理」
詳細はショップサイトでご確認ください
お得なニュース

パソコン セーフティサービスの話
月々の少しの支払いでユーザーの過失でパソコンを落としてしまっても、コーヒーをこぼしても、液晶を割ってしまっても最長3年間すべて無料(送料含む)で修理
詳細はショップサイトでご確認ください
パソコンの故障を自分で修理すれば修理工賃無料 
ぱそこんを自分で修理
修理代はパーツ購入費のみ  故障診断費用 もちろん無料
メーカー保証期間後の業者修理は驚く程高額な修理費用になります

自分で修理すればれば掛かる費用が最少10分の1です

たとえばメーカー・修理業者にメモリの交換をやってもらうと2万円から5万円も掛かります、それを自分で修理すれば2000円位から修理できます。ハードディスクは2万円から5万円も掛かるのが4000円位から修理できます。
ご参考:メーカー・業者の修理費用下記の記事ご参照
パーツを自分で修理・交換する場合の費用と作業時間の目安はこちらに記載してあります
          最大で10倍も高い

パソコン修理100円とは? 例えばCMOS電池交換作業をメーカーや業者に修理依頼するとディスクトップパソコンで3,000円〜10,000円位修理日数も1週間〜10日位かかります。これを自分で修理すれば電池代100円〜200円(コンビニでも売っている電池)修理時間は1時間もかけずに出来ます。*CMOS電池とはパソコンに内蔵されていてパソコンのBIOSと時間の情報保持するために必要なパーツです。電池切れになるとパソコンの時間表示が狂ったり、パソコンが起動しなくなります。一般的な使用で寿命は約2〜5年程度です。
CMOS電池の交換作業の詳細はこちらのページですcmos電池

当サイトをご覧いただきありがとうございます。 このサイトを立ち上げた理由は購入したメーカー製パソコンなどは保証期間が過ぎると、故障した際の修理費用やパーツの増設交換費用がメーカーや修理業者に依頼すると驚く程高額すぎるからです。例えばよく壊れるハードディスク交換が3万円から4万円以上これを自分で直せば4千円から5千円DVDドライブ交換(これもよく壊れる)が4万円これも自分で直せば3千円から4千円なんと最大で10倍位にもなります。保証期間中の故障修理はメーカーに依頼するとしても(保証期間中はパソコンを分解すると保証の対象外となる場合があるのでご注意ください)保証期間後は自分で修理や交換するのが絶対にお得です。作業自体は簡単です、初めてでも難しくありません。是非自分で直しましょう

筆者の経験からよく壊れたパーツは ハードディスク、DVDドライブ、電源ユニット、ファン類 です反対に滅多に壊れなかった(過去に壊れたことがない)パーツは CPU でした。ご参考までに。下記の記事にも詳細を載せてありますが、ハードディスク等(各種データーを保存する機器)の故障だけは他のパーツと違って保存したデーターが消滅すると取り返しがつかないことになるので最重要事項です。ご注意ください。ハードディスク等の故障でデーターの消滅を防ぐにはこまめなバックアップが必須です、詳細は下記の記事に掲載してありますここをクリックしてご参照ください
当サイトはパソコンの仕組みがよくわからない。パソコンの中を見たことがない。修理やパーツ交換などしたことがない。そんなパソコン初心者が自分で修理やパーツ交換ができるように、わかり易く説明しているサイトです。どうぞ当サイトをご参照下さいまして、パソコン故障時に最小限の修理費で修理きるお役に立てれば幸いです。

保証期間終了後のメーカーや修理業者への修理依頼は高額な費用が掛かり勿体ないです。
是非自分で交換・修理しましょう。

パソコン初心者でパソコンのトラブルや故障でわからないこと聞いてみたいことがあったらこちらへメールしてみてください初心者でも対応可能な症状でしたら回答します。メールアドレス: bestpc@amail.plala.or.jp です。

  このサイトのメニューです ご欄になりたいページを選択してください


マザーボードが故障した時の主な症状


パソコンソフトの動作をより速くさせるにはどのパーツを交換すればいいか

パソコンの起動や動作が遅い  パソコンの高速化

主なパソコンを重くする要因のパーツ   パソコンの性能は メモリ ストレージ(パソコンのデータを保管する補助記憶装置(HDD・SSD)そして CPU によって影響されます。

高速化への対処法 その1 メモリ容量とメモリ使用率の確認と高速化への対処法

メモリ(メインメモリ主記憶装置)はパソコンを起動すると最初にOSやソフトのデータが書き込まれ、随時必要なOSやソフトのデータをCPUとHDDやSSD(補助記憶装置)へ伝達しています。そして同時に複数のパソコン作業を実行するとメモリ使用率多くなります。ただしメモリはパソコンの電源が切れると読み込まれていたデータは無くなります。

メモリの容量は「タスク マネージャー」で確認することができます。

「タスク バー」を右クリック→「タスク マネージャーの起動」をクリック→ 「パフォーマンス」タブをクリック→メモリの使用量・メモリの使用率が表示されます。

メモリ使用率が絶えず100%に近い数字が表示されるようならばパソコンの作業速度は遅くなります。

高速化への対処法 パソコンの高速化を目指すなら、「メモリの増設」もしも増設できないのならば、「メモリを交換」します。メモリの取り外し方についてはこちらのページをご参照ください


高速化への対処法 その2 HDDからSSDへの交換 ストレージ(パソコンのデータを保管する補助記憶装置(HDD・SSD)*電源を切っても保管できます)

もしも現在使用中のパソコンがOSの起動がHDD(ハードディスク)ならば、これをSSDからの起動にすれば驚くほど速くなります、そしてソフトの保管場所もSSDに変えればこれも驚くほど速くなります。

交換作業の詳細については「SSD への交換は簡単で安くできます」のページをご参照ください


高速化への対処法 その3 CPU

CPUはマザーボードの適合条件が合致する範囲で高性能なCPUに交換すればより高速なパソコンなります。

CPU取り外し手順についてはこちらのページをご参照ください 



私の経験したパソコン使用時に起きた色々なトラブルの対処方法

トラブルの対処方法
パソコンケースの内部 → パソコンケースの内部  

1.電源スイッチをオンにしても反応しないし、リセットスイッチを押しても何も変化しない。

このトラブルはどうやって解決したか
まず電源スイッチの長押しで電源を切断する。
電源コードをコンセントから外す。
パソコンケースを開ける。パソコンケースの開け方のページへ
ケーブル類の全てが確実にコネクターやソケットに接続されているか確認する。

私の場合はDVDドライブの電源ケーブルの接続が不完全のために、電源スイッチをオンにしても反応しませんでした。DVDドライブの電源ケーブル確実に接続し直し、これで解決しました

 
2.動作中に再起動を繰り返す  動作中に「カッチ」と小さな音が聞こえて再起動を繰り返す。

このトラブルはどうやって解決したか
電源コードをコンセントから外す。
パソコンケースを開ける。パソコンケースの開け方のページへ
電源ユニットの交換で解決しました。    
電源ユニットの交換手順 電源ユニット交換手順はこちらのページです
電源の取外し方と取付方YouTubeに動画をアップしました  電源を4000円で交換動画

 
3.動作中に突然電源が落ちる

私は自分でパソコンを組立したので、CPUの取付け方が不完全のために、熱暴走が発生しパソコンが停止したことがありました。
このトラブルはどうやって解決したか
電源コードをコンセントから外す。
パソコンケースを開ける。パソコンケースの開け方のページへ
CPUの再取付けで解決しました。
CPUの再取付手順 CPUの取外し方はこちらのページです
CPUの取外し方と取付方YouTubeに動画をアップしました  CPU交換動画
 
4.電源スイッチをオンにしてパソコンが起動しても電源ランプが点灯しない。

このトラブルはどうやって解決したか
電源コードをコンセントから外す。
パソコンケースを開ける。パソコンケースの開け方のページへ  
マザーボードフロントパネルコネクターにケーブルを接続するときに+と−を逆につないだので、これを正確に接続た。これで解決しました。  
フロントパネルコネクターの場所       

マザーボードの交換方法はこちらのページをご参照ください  
  接続方法はこちらの動画をご参照ください
  マザーボードの取外しと取付方動画


5.USBのワイヤレスマウスでカーソルが動かなくなった。

このトラブルはどうやって解決したか
レシーバーのUSBコネクタージャックを指し直した。これで解決しました。
 
6.インターネット画面の表示できなくなった。

このトラブルはどうやって解決したか
インターネットエクスプローラー メニューのツール→アドオンの管理→アドオンの種類→ツールバーと拡張機能→状態の無効を有効に変更する を実行で直った。
これで解決しました。
 
7.電源スイッチをオンにすると一瞬ランプが点灯して直ぐに停止する。

このトラブルはどうやって解決したか
初めは電源ユニットの故障を疑った。予備の電源ユニットに交換して試したが、同じ症状が出た。
もしかしてCMOS電池の寿命を疑って交換してみた。これが正解無事直った。
CMOS電池とはパソコンに内蔵されていてパソコンのBIOSと時間の情報保持するために必要なパーツです。電池切れになるとパソコンの時間表示が狂ったり、パソコンが起動しなくなります。一般的な使用で寿命は約2〜5年程度です。
この電池は自分で直ぐに簡単に交換でできます詳細はこちらのリンクサイト「パソコン修理100円で」http://syuuripc.client.jp/をご参照ください。
    パソコン故障の原因と対処方法  パソコン故障時にお役立てください


私の体験談ではありませんが、ご参考までに主なパソコンパーツが故障した時の症状を掲載します。


パソコンパーツが故障した時の症状
CPUが故障した時の症状
起動中、頻繁にフリーズする   起動しなくなる  再起動を繰り返す
突然、電源が落ちる
故障診断方法  パソコンが起動可能ならば、BIOS画面でCPUが表示されない場合、CPUが故障している可能性大です。
 
電源ユニットが故障した時の症状

電源が入らない  電源が入りにくい   起動後すぐに電源が切れる  再起動を繰り返す  
電源が入らない場合は、ケーブルがコンセントから抜けていないかも要注意です。

マザーボードが故障した時の症状
電源が入らない  動作中に電源が切れる 動作中にフリーズする BIOS画面が表示されない
マザーボードが故障した時の症状交換についてはこちらのサイトをご参照ください 

ハードディスクが故障した時の症状

データの読み書きに時間がかかる データの読み書きに失敗する 
OSの起動に失敗する  ブルースクリーン多発する
「カチカチカチ」「ブーン」「ガリガリ」「カラカラ」「コツコツ」「カランカラン」「その他うなり音」などの音がでたら要注意
ハードディスクが壊れる前兆についてはより詳細サイトがあります。ご参照ください  ハードディスクが壊れる前兆
 
メモリーが故障した時の症状

ブルースクリーンが多発する  動作中に電源が切れる  再起動を繰り返す
フリーズする
これらの症状が起きる原因としてメモリーの取付け方が、不完全な場合にも発生することがありますので、一度電源を切ってメモリーを完全に取り付け直してみましょう。

メモリー交換はこちらのページをご参照ください  メモリー交換最小費用で修理動画

                  

 
パソコンは故障します保証期間中は勿論メーカーの無償修理ですが、保証期間後のメーカー修理は驚く程のビックリ高額な修理費用になります。メーカー・業者の修理費用下記ご参照 

そごで保証期間後の故障は自分で修理しましょう。メーカー・業者の修理費用の最少10分の1の費用で修理できちゃいます。これは大変安上がりでうれしいですね。\(^o^)/
でも、自分で修理なんて難しくて出来そうもない、と思われる方もいらしゃるでしょう。いいえ作業自体は初めてでも簡単です。

パソコンの部品が壊れる原因は外部からの物理的衝撃(落下など)、水や液体(コーヒー・ジュースなど)がかかる、落雷、回転や駆動のため摩耗、そして熱による変形や経年劣化等よる。ハードディスク (HDD)や光学ディスクドライブの寿命が比較的短い

No1.ハードディスク (HDD)  
一番壊れやすいパーツはHDDです。
他のパーツより故障しやすいく、壊れるパーツです。前兆としては、異音(ガリガリ音)が発生したり、読み書きがかなり遅くなったりします。
HDDの状態を管理するソフトがあるので、利用しよう。
*注 ハードディスクは磁気でデータを記憶しているので強力な磁気を近づけると記録データが壊れる。また空き容量が極端に減るとパソコンの動作が遅くなったりするので、ハードディスクの空き容量は余裕を持たす。ハードディスク故障時の症状詳細はこちらのサイトへ
ハードディスクの取外方と取付方をYouTubeにアップしました ハードディスクの取外しと取付方動画
ハードデハードディスクが壊れる前兆
「ブルースクリーン多発する」 「OSの起動に失敗する」 「パソコンの動作が重くなった」 「よくフリーズする」 「パソコンが勝手に再起動する」「カチカチ音がでる」 「急に電源が落ちたりする」
ハードディスクの交換手順はこちらのページをご参照下さい ハードディスクが壊れる前兆はこれだ ハードディスクが壊れる前兆はこれだ

No2.冷却用のファン類
CPUクーラーファン・ケースファン・電源ユニットファン・その他全てのファン。
回転部分摩耗のため前兆としては、異音が出始めたら要注意です。
*注 ファンの部分に埃が付き易いので定期的な掃除をお忘れなく。 
CPUクーラーファンの交換手順はこちらのページをご参照下さい
CPUの取外し方と取付方YouTubeに動画をアップしました  CPU交換の動画

No3.マザー ボード
マザーボードも壊れやすいパーツです。
役割が多く熱を発生するところもあるパーツなので故障する箇所も多いです。壊れる箇所としては、チップ類、スロットなどの接続端子類、それにコンデンサ類。マザーボード故障時の症状詳細はこちらへ
ヒント マザーボードの選び方
マザーボードはそのパソコンで使うCPU、メモリ、ビデオカード等のパーツを搭載するものなので搭載予定のパーツの規格(ソケットや性能など)によって選択する
マザーボードの交換でパソコン作業効率格段アップ、同時に交換するパーツにより大幅なアップも可能です。マザーボード交換作業は初心者でもOKです。
交換作業はこちらのページをご参照下さい
YouTubeに動画をアップしました マザーボードの取外し方・取付方の動画  マザーボードの取外しと取付方動画

No4.光学ディスクドライブ                    
内蔵 Blu-ray/DVDドライブの価格/性能比較 内蔵 Blu-ray/DVDドライブ
故障原因
回転部分摩耗やピックアップレンズの汚れ
光学ドライブの交換手順はこちらのページをご参照下さい
DVDドライブの取外し方と取付方YouTubeに動画をアップしました  DVDドライブ交換2000円動画

No5.ビデオカード(VGA)                      
冷却ファン回転部分摩耗のため前兆としては、異音が出始めたら要注意です。
*注 ファンの部分に埃が付き易いので定期的な掃除をお忘れなく。
ビデオカードの交換手順はこちらのページをご参照下さい 
ビデオカードの取付方YouTubeに動画をアップしました  ビデオカード増設4000円動画

No6.電源ユニット
経年で劣化して行く消耗品。
故障の前兆としては、パソコンに負荷が掛かった時に急に電源が落ちたり、電源が入りにくくなったりというような症状が出てきます。
電源ユニットの交換手順はこちらのページをご参照下さい
電源の取外し方と取付方YouTubeに動画をアップしました  電源を4000円で交換動画

No7. メモリ                                    
メモリは比較的壊れやすいです。
*注 メモリ増設による相性問題にも注意
SDカードやUSBメモリなどのフラッシュメモリは書き込み回数に限りがあります。
メモリの取外し方と取付方YouTubeに動画をアップしました  メモリの、取外し方と、取付方動画
ヒント メモリの選び方
マザーボードの規格に合わせて選ぶ  (DDR2  DDR3  DDR3 等)
メモリスロットが空いているかの確認     無い場合は今使用中のメモリと交換
パソコンの最大メモリ容量を超えないこと(マザーボードやパソコンの取扱説明書に記載があります)
メモリの交換手順はこちらのページをご参照下さい



点検・修理時は電源コードは必ず抜く。PC組み立てには静電気は禁物。 パーツに触る前に一度ケースのフレームなどの金属に触り、静電気を体から逃がしましょう。
重要:「保証期間中のパソコン」は分解すると保証の対象外になる場合がありますので故障した場合は購入された販売店に依頼しましょう。
 パソコンの修理代を大幅削減するには動画  

パーツ交換や故障が自分で修理出来ればメーカーや業者に任せるより断然安上がり!パソコン保証期間後自分で直せば、そしてセルフ改造すれば業者費用の1割で済む
例えばCMOS電池(パソコンのBIOSと時間の情報保持)交換作業はメーカー・修理業者は¥3,000〜¥20,000が自分で修理は電池代\100〜\1,000で済む「驚きの費用削減」是非やってみましょう。
この他の驚きの費用削減例 ユーザー自身が自分で修理交換できるパーツの費用と作業時間 費用 2000円台〜 作業時間 30分位〜6時間位(パーツの準備時間は除く)



パーツを自分で修理・交換する場合の費用と作業時間の目安

「メモリー増設交換費用」は 2000円〜3000円位作業時間は30分〜1時間位  
「ハードディスク増設交換費用」は4 000円台〜作業時間は30分〜1時間位    
「IntelCPU交換費用」は5000円台〜作業時間は2時間〜4時間位        
「AMDCPU交換費用」は5000円台〜作業時間は2時間〜4時間位    
「マザーボード交換費用」は4000円台〜作業時間は3時間〜6時間位    
「SSD増設費用」は8000円〜20000円位作業時間は取付1時間OSの移行設定に1〜2時間位
*作業時間は全て交換作業未経験者としての目安です
 当サイト編集者の私が使っている おすすめネットショップ

 安心・格安・迅速出荷のネットショップはこちらですご参照ください



 
T社
基本技術料金 修理作業工賃(1時間以内の作業)
¥12,000〜
プラス 交換するパーツ代
マザーボード¥19,080〜
CPU¥13,580〜
メモリ ¥9,980〜
ハードディスク ¥19,080〜
N社
交換するパーツ代
マザーボード\50,400〜¥53,550
電源ユニット\33,600〜¥36,750
メモリ\49,350〜¥52,500
CPU\54,600〜¥57,750
DVDドライブ\42,000〜¥45,150
ハードディスクドライブ\49,350〜¥52,500
プラス 診断料金(見積り含む)\5,250


A社
電源ユニット交換作業¥20,000前後〜
マザーボード交換作業¥30,000前後〜
ハードディスク交換、全環境移行作業¥35,000前後〜
メモリ交換作業¥10,000前後〜
SSD換装作業¥25,000前後〜
CMOS電池交換作業¥3,000〜
プラス 作業工賃+運送料
B社
マザーボード修理6,000円〜
電源ユニット修理6,000円〜
プラス
詳細診断2,000円
本体分解 15,000円
運送料 実費
こんなに高額な費用を出すのは勿体ないです! 是非自分で交換・修理しましょう!

自分で修理すればれば掛かる費用が最少10分の1です

交換・修理作業自体は初めてでも簡単です。


パソコン故障!今パソコンが壊れたら・・・今使用中のパソコンが突然壊れたら大変ですね、もしもハードディスク等のデータ保存パーツがダメになったら、今までのデータも消えてしまう恐れがあります。
そこで重要な事は作成データはこまめに外部機器等(外部機器とはパソコンに内蔵されているハードディスクではなくてパソコンにケーブルで接続されているハードディスク)に保存(バックアップ)して置くことが大切です

パソコンを使うには特別な知識や訓練など必要要りません、そしてまたパソコンを組立製作するにも専門知識や組立経験は不要です。必要なのはセキュリティ対策(ウイルス感染やネット詐欺)とバックアップ対策(故障時に備えて)の2点です

重要:パソコンの分解・組立は作業自体は簡単ですが、保証期間中のメーカー製パソコン等はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、故障修理は購入した販売店に任せましょう。これは「保証期間中のメーカー製パソコンに限るし、自作機は対象外」です。実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。また保証期間後は改造自由です。逆に保証期間後はメーカーや修理業者に故障修理等を依頼すると修理費用が驚くほど掛かり修理日数も掛かります。交換するパーツによって旧年式パソコンでは、修理代で修理するパソコンより高性能なパソコンが買えてしまえます。

パソコンを故障させない秘訣   
年に1回は本体内部のホコリを取り除く掃除が重要
パソコン故障時のために前もってやって置くことは
バックアップとクリーニングが重要
HDDは突然故障する物なので必ずこまめにデータ更新時にはバックアップをとること。
クリーニングは全てに言える事で、マザーボードと電源ユニットとグラボは熱により載っている部品の寿命短縮や故障の原因になる。特にCPUクーラーとグラボファンの掃除不足は全体の温度を高め、ホコリが湿気ると最悪ショートする事もございます。
故障以外に冷却や静音に関してもクリーニングは重要。
落雷による故障に注意:パソコンは特に落雷の衝撃に弱く壊れる可能性大です。
メーカー保証による天災は対象外となる場合が多いのでできるだけ、雷の気配を感じた時はパソコンの電源はコンセントから抜きましょう。

ソフトウェアのトラブル
フリーソフト(無料)で信頼性ないソフトはインストールしない。よくわからないプログラムはインストールしない事。
ウィルスの感染に注意する。
ソフトのバージョンが対応していないプログラムをインストールしてしまうと、プログラムが動かないだけではなくOS自体が立ち上がらなくなる可能性もあります。


Windows更新プログラムの失敗
更新プログラム動作中は絶対に電源を落さないこと、正常に起動しなくなる可能性があります。更新プログラムはかなりの時間(数分間)かかることがあります。更新完了するまで絶対電源はOFFにしないこと。
パソコントラブルよくある原因「ケーブルやコード類が確実に接続されていないことがある」ご注意を

初めにパソコンはいつ故障するか分かりません、もしもの時に備えてパソコンが起動しなくなる前に必ずやっておかなければならない最重要事項は、ユーザー各自で作成したデータのバックアップを外部機器等へ新規・更新作成後その都度実行すること。バックアップが重要なのは、今まで多くの時間を費やしてOSやソフトをインストールして作りこんで完成させた自分のパソコン、そして作成済の保管データが消失してしまったりまた、作成中のデータなどあったらまた1からやり直しというこになってしまうなど大変なことになる。内部のHDD等のみに記録(保存)して置いたのでは、故障時にデータ消失・破損の可能性大である。

ハードディスクのバックアップ方法
重要:バックアップは本体内蔵保存機器(ハードディスク等)が破損・故障・ウイルス被害・落雷等に遭った時に役立てることなので、外付けハードディスクに保存しバックアップ後は本体から切り離して保管するのが基本です。    
外付けハードディスクを1台使用する方法
・内蔵ハードディスク(OS・全データ)丸ごとバックアップソフトを使って全てを1台の外付けハードディスクにバックアップしデータを更新する都度バックアップし保管しておく。
外付けハードディスクを複数台使用する方法
・ハードディスクのOS(通常Cドライブ)だけをバックアップソフトを使って外付けハードディスクにバックアップしパソコンのトラブル時まで保管しておく。
・日常使用する「フォルダ」「ファイル」をバックアップソフトを使って外付けハードディスクにデータを更新する都度バックアップし保管しておく。

バックアップソフトの種類のご案内             外付けハードディスクの規格・種類のご案内

                                         



「自作パソコンを3万円台で製作してみよう」
icon icon 画像クリックでショップサイトへ飛びます
第8世代インテル Celeron G4900 CPUとCOOLERMASTER製ミニタワーを採用した組立キット。[Intel H310 / DDR4-2400 4GB×2(計8GB) / SATA 250GB]  
28,480円(税別)*価格は変動します正確な販売価格はここをクリックしてショップサイトでご確認ください
icon icon 画像クリックでショップサイトへ飛びます
第8世代インテル Pentium GOLD G5400 CPUとCOOLERMASTER製ミニタワーを採用した組立キット。[Intel H310 / DDR4-2400 4GB×2(計8GB) / SATA 250GB]  
30,480円(税別) *価格は変動します正確な販売価格はここをクリックしてショップサイトでご確認ください
上記の他にも高性能な機種が各種あります ここをクリックしてご参照ください icon

「5万円台からの完成品パソコン」
icon icon画像クリックでショップサイトへ飛びます

Windows 10 Home 64ビット
Celeron  G4900
インテル B360 Express
DDR4-2400 4GB×1
1TB Serial-ATA HDD
DVDスーパーマルチ
350W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
42,980 円(税別)〜 *価格は変動します正確な販売価格はここをクリックしてショップサイトでご確認ください
icon icon画像クリックでショップサイトへ飛びます

Windows 10 Home 64ビット
Celeron G4900
インテル(R) B360 Express
DDR4-2400 8GB×1
240GB 2.5インチ Serial-ATA SSD
DVDスーパーマルチ
350W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
49,980 円 (税別)*価格は変動します正確な販売価格はここをクリックしてショップサイトでご確認ください
全てのディスクトップパソコンを見る icon
【自作パソコンを3万円台で製作してみよう】 ここをクリック 自作パソコン作製 初級編 動画

         【5万円台からの完成品パソコン】 ここをクリック     パソコンの修理代を大幅削減するには動画 


次ページは「パソコン故障の原因と対処方法」です


関連グループサイト紹介
パソコン故障時にお役立てください
パソコン故障 修理か買い換え選択の方法はこれだ パソコンの故障を自分で修理

191111  191118 191119  191122  191203